アリペイ(支付宝・Alipay)とは?

アリペイ(支付宝・Alipay)とは?個人の決済、法人の導入まで詳しく説明致します。

アリペイ(支付宝・Alipay)とは?


アリペイ(支付宝・Alipay)とは?中国最大のショッピング サイト淘宝网(タオバオワン)の公式決済として2004年から提供する電子決済サービスとして利用され、中国モバイルペイメント業界でシェアを伸ばしている世界最大の第三者決済です。中国では元来、セキュリティや商習慣の違いからクレジットカッードがさほど浸透していなく、デビットカード「銀聯」が一般的には使われています。 そんな中、近年急激に普及しているのが「支付宝(アリペイ)」です。中国で5億人以上(およそ中国人の3人に1人)が利用している。店舗側は専用端末やスマートフォン、タブレット端末などのソフトを使いQRコードを提示し、消費者はそのQRコードを読取り決済を行うQRコードを使った非接触型決済サービスです。

アリペイ(支付宝・Alipay)個人の決済方法


個人(消費者)の、アリペイの使用方法は、最初にアリペイ(支付宝・Alipay)の専用アプリをスマートフォンにインストールして、銀行口座情報を登録しておきます。消費者が商品を購入し、支払い時に、店舗側が示すQRコードを読み込んで決済します。決済と同時に登録した銀行口座から支払いが行われ、ネットで決裁した時も同様に登録した銀行口座から料金が支払われます。デビットカードと同じ仕組みですが、決済方法がカードなのかQRコードなのかの違いがあり、QRコードの方が安心で楽に使えるので急激に普及している。

アリペイ(支付宝・Alipay)法人の導入方法

店舗へのアリペイ導入は代理店申込みが必用です。詳しくはこちらをご覧ください。

日本でもアリペイは中国人観光客に親しまれており、中国からのインバウンド客の獲得はもちろん、中国向けの越境ECに欠かせない決済手段です。また個人向けでは、信用情報、保険、資産運用など金融を軸とした機能を提供し、加盟店様向けでは、クーポンやセール情報など集客に期待できる機能など、決済以外にも多くの魅力が備わっています。