海外と国内のQRコード決済を一括提供

凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーは、 スマートフォンを活用したQRコード・バーコード決済サービスを小売店舗のPOSレジで同時に複数利用可能にする、 決済情報中継サービス「スイッチングゲートウェイ」の本格的な提供を2018年10月25日より開始すると発表した。 なお「スイッチングゲートウェイ」は、先行して2018年春より阪急阪神百貨店をはじめ、百貨店、ドラッグストアなどの一部店舗で採用されている。

「スイッチングゲートウェイ」の概念図(凸版印刷/富士通FIP)


「スイッチングゲートウェイ」は、 中国の決済サービス「Alipay」、 「Wechat Pay」および国内のQRコード・バーコード決済サービスである「Origami Pay」、「d払い」、「 PayPay」、 「pring」、 「LINE Pay」、 「楽天ペイ」を、店舗のPOSレジシステムとゲートウェイとして結び、 POSレジへの複数導入を短期間、 低コストで可能にするもの。 凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」のシステム基盤を活用して店舗のPOSレジのシステムと接続することで決済情報(決済電文)を中継するという。

各店舗は、 決済システム導入に加え、利用状況のデータを分析・活用したマーケティング施策を実施することが可能だ。 さらに「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を活用したハウス電子マネーとの連動による、 店舗への集客や顧客施策を展開することもできる。

https://www.paymentnavi.com/paymentnews/78289.html