ベトナムでアリペイ、ウィーチャットペイが使用禁止に 「非合法の決済ツール」

【6月20日 東方新報】ベトナムでこのほど、中国の決済アプリ支付宝(アリペイ、Alipay)と微信支付(ウィーチャットペイ、WeChat Pay)が「非合法な決済ツール」として使用を禁止された。アリペイとウィーチャットペイがベトナムに進出して半年。アリペイがベトナムに進出した際は、ベトナムのベトナム中央銀行傘下の決済サービス会社と業務提携したが、ベトナムの態度は当時から180度転換した形だ。

 報道によると、両決済アプリが禁止されたのは、資金の流れが明確でないことが主な理由とされている。

 中央財経大学(Central University of Finance and Economics)中国インターネット経済研究院の欧陽日輝(Ouyang Rihui)副院長は「中国の決済アプリが海外進出すると、進出先の既存の金融法の制約を受け、現地の金融業界にも影響を及ぼすことになる。決済アプリは中国でも、既存の金融業界と押したり引いたりの勝負が続いており、ベトナムでもそれは同じだ」と述べた。

 モバイル決済が既存の金融業界の脅威になっているだけでなく、ベトナム政府はフィンテックのリスクも懸念しているという。欧陽日輝副院長は「フィンテックのリスクを把握しきれていないため、一刀両断に関連事業を停止しようとしている」と指摘し、「他の国でも同様のことが起こり得る」と述べた。(c)東方新報/AFPBB News
 
http://www.afpbb.com/articles/-/3179233