アリペイが高速道路でも(関西地区や九州地区の一部店舗)

アリペイが関西地区や九州地区の一部店舗の高速道路で使えるようになりました。

アリペイがドンドン日本でも脚光を浴びてきました。
沖縄のゆいレールの自動改札でもアリペイが使えるようになったり。
訪日中国人観光客が訪れるところにはアリペイの導入は必須です。

 

NEXCO西日本、SA・PAにモバイル決済を順次導入

NEXCO西日本と西日本高速道路サービス・ホールディングスは、訪日外国人ゲストの立ち寄りが期待される関西地区や九州地区の一部店舗に訪日中国人向けモバイル決済サービス「Alipay(アリペイ)」及び「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」を順次導入している。

また、E26 阪和自動車道 岸和田サービスエリア(上下線)に、NEXCO西日本の管内で初めて外貨両替機を設置する。

NEXCO西日本・ロゴ[モバイル決済サービス導入の概要]

「Alipay」および「WeChat Pay」は、中国を中心に多数のユーザーがいるモバイル決済サービス。日本でも、中国人などのインバウンド需要獲得のため、導入している商業施設等が増えている。

<Alipay 導入場所>

[E1] 名神高速道路

草津パーキングエリア(下り線)ショッピングコーナー

[E3] 九州自動車道

基山パーキングエリア(上り線)ショッピングコーナー、コンビニエンスストア

[E34] 長崎自動車道

大村湾パーキングエリア(上り線)ショッピングコーナー

<WeChat Pay 導入箇所>

[E1] 名神高速道路

草津パーキングエリア(下り線)ショッピングコーナー

[E3] 九州自動車道

基山パーキングエリア(上り線)ショッピングコーナー

古賀サービスエリア(上り線)レストランコーナー、ショッピングコーナー

北熊本サービスエリア(上り線)レストランコーナー、ショッピングコーナー

[E34] 長崎自動車道

川登サービスエリア(上り線)レストランコーナー、ショッピングコーナー

大村湾パーキングエリア(上り線)ショッピングコーナー

[E2A] 関門自動車道

めかりパーキングエリア(上り線)ショッピングコーナー

[外貨両替機の概要]

日本全国の駅、ホテル、商業施設等に設置されている外貨両替機(外国紙幣⇒日本円)を、高速道路のSA・PAに設置する。

設置機器:自動外貨両替機 「SMART EXCANGE」

稼動開始日:平成30年6月29日(金曜)

設置場所:[E26] 阪和自動車道 岸和田サービスエリア(上下線) 営業施設内
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語(4ヶ国)
対応通貨:

USドル、ユーロ、UKポンド、オーストラリアドル、中国人民元、香港ドル、韓国ウォン、新台湾ドル、シンガポールドル、タイバーツ、インドネシアルピア、マレーシアリンギット(12種類)

取扱金額:1回当たり日本円換算10万円まで
両替手数料:通貨の種類、為替レートにより変動

https://www.nextmobility.jp/economy_society/nexco-west-japan-sa-%C2%B7-pa-to-introduce-mobile-payment-sequentially20180626/