アリババ「未来のコンビニ」全自動でごみを片付けてくれるテーブルも

全自動でごみを片付けてくれるテーブルも 中国のスゴい“未来のコンビニ”、そのリアル

 中国で昨年から今年にかけ、無人コンビニなどの実験店舗が続々と現れ、ニュースでは華々しく紹介されている。だが中国では、こうして話題を集めている場所に実際に行って触って買ってみると「だまされた、大風呂敷だった!」と感じさせられることも多々ある。最新の実験店舗も、やはり自分で実際に行ってみてみないと分からない。さまざまな店の実態を探るべく、中国の都市を行脚し、無人コンビニなどを見に行ってみた。

ガラス張りの密閉空間 無人コンビニ

クローズ型コンビニ。ハードルが高いのか、利用者は少ない


 こうしたハイテク店舗の出店ラッシュは、中国ネット大手の阿里巴巴(アリババ)が2016年10月、オンラインとリアルショップを融合した「ニューリテール(新零售)」という概念を発表したのがきっかけだ。その後、アリババに遅れはとるまいと騰訊(テンセント)や京東(JD)といった大手など様々な企業が追随した結果、未来を感じる新しいコンビニなどが誕生した。
 
 最も報じられているのはガラス張りの無人コンビニ「繽果盒子(Bingo Box)」だろうか。ガラス張りとはいえ、ロックされたドアがあり、密閉された空間になっている。ドアにはQRコードが表示されていて、ここから専用スマートフォンアプリをダウンロードし、操作することでドアが開錠し、店に入ることができる仕組みだ。並んだ商品にはタグが付いていて、無人レジに置くと値段の合計が表示され、電子決済で購入するというものだ。

置いて購入代金を決済する

 一見未来感を感じる。だが想像してみよう。特に灼熱の夏場、初めて店に入るためにアプリをダウンロードするのはあまりに辛いのではないか。その上、実名によるユーザー登録も必要なのだ。コンビニを利用するために時間と手間がかかってしまうという、まったくコンビニエンスでない現実問題がある。
 
 また、1つのドアを入口と出口として使っているため、入店者と退店者のタイミングが重なると、正しい手続きをしなくても入店・退店ができてしまう。
 
 こんなトラブルも起きた。Bingo Boxではない広州の別の無人コンビニで、筆者が入店しようとドアのQRコードをスキャンしたところ、店内の別の客の商品の購入手続きを始めてしまうという珍事が起きた。
 
 中の客もこれに気づいたのか、ガラス越しにジェスチャーで「私が先に」「どうぞどうぞ」とアクションして事なきを得た。この場合はお互いに状況を理解していたからいいものの、悪意ある客もまれにいる。商品タグがはがされて商品を盗まれるという事件も起きている。

BingoBoxと同様、密閉型の「欧尚」(上海)。客は少ない

改善も進んでいるが……

 こうした問題を受け、最近の無人コンビニは、これらをある程度解決したシステムになっている。
 
 まず、入口と出口を別々に設ける店舗が増えた。これによって、不正な方法で入店・退店するのをある程度防ぐことができる。また、商品に専用のタグを貼らない店も出てきた。この場合、出口の決まったところに商品を置くだけでカメラが判別し、値段を計算し、それを電子決済で支払うという仕組みだ。

入口と出口を別々にした無人コンビニ「微熊」(鄭州)。駐車場にあり通行人からも気づきにくい


 また、中国トップのメッセンジャーアプリ「微信(WeChat)」に加わった新機能「微信小程序」(ミニプログラム)を採用することで、専用アプリのインストールが省けるようになった。これはWeChatをアプリのオープンプラットフォームにしたもので、こうしたアプリは容量の上限が決まっているためインストールがすぐにできる。かつ、微信のアカウントをひも付けておけば、店舗の利用に必要な個人情報入力の手間も省けるというわけだ。

 無人店を利用する際のプロセスがより短くなるわけだが、それでもすぐに入れるわけではない。また、業界視点から見ると、WeChatを使うタイプではWeChat内で完結してしまうため、アリババ陣営のアントフィナンシャルが展開する「支付宝(Alipay)」は蚊帳の外となり、ニューリテールに先鞭を付けて普及を進めるアリババとしては面白くないわけだ。

自販機だけの無人店舗も

店舗スペースに自販機を入れ無人店に(鄭州)


 店を密閉空間にしてアプリで出入りさせようとするから大変になるという面もある。ならばということで出てきたのが、自動販売機を並べた無人店舗や、スマホアプリからでも決済できるスーパーやコンビニだ。
 
 自販機だけの無人店舗は、いうなれば日本の地方のドライブイン型の店や、都会にある飲料自販機だけの店舗と変わらない。QRコードが表示される自販機が何台も並んでおり、QRコードを専用アプリからスキャンして注文する。

店の専用アプリで自販機から購入する(U-MI YOUKU)


 例によって微信小程序から専用ミニアプリを起動して注文するが、正直なところ、自販機で商品ボタンを押してアリペイなり微信支付(ウィーチャットペイ)なりで払ったほうがスピーディーに購入できる(少々話は脱線するが、アリペイとウィーチャットペイを比べると、アリペイのほうが決済までのステップ数が少ないので手間がかからず喜ばれるという話もある)。

全自動でごみを片付けるテーブル

F5未来商店


 自販機で温めた食事を食べるなら、イートインのスペースはあったほうがいい。広東省の広州と深センに展開する「F5未来商店」は、自販機設置型の座って食べられる無人店舗だが、そのギミックが面白い。

F5未来商店で買った食事は温まってからくるっとまわって出てくる


 スマホで麺を注文したとする。完成すると、取り出し口に設置されたガラスが、曇った状態から透明になり、できた商品がそこにあることを伝え、その後ターンテーブルのように回転して商品が届く。店内のテーブルで食べた後、テーブルのボタンを押すと、テーブルの上のものを全てテーブル内部のゴミ箱に捨ててくれる──というものだ。

 購入には時間がかかるため、昼時にサラリーマンがやってきて急いで食べていくといったスタイルには向いていないものの、その試みには未来を感じる。

無人店舗はまだ早い?

有人コンビニ「簡24」(上海)


 ところが、中国の中央銀行である中国人民銀行は7月13日、現金を受け入れないのは違法だと通達した(中国人民銀行公告[2018]第10号)。過去にも同じことを通達していたので念押しであり、新しい話ではないとはいえ、電子決済の無人コンビニ、電子決済のみの自販機、電子決済のみの自販機が並んだ店舗など、どれもがアウトになりかねず、せっかく民間で進めた試みが政府の政策でストップさせられかねない。となると、今後は現金にも対応するショップが有利になる。

有人コンビニ「簡24」(上海)。出口前に立って決済する


 新しいコンビニの中でも、スマホアプリでも決済できる有人のスーパーやコンビニが現状では最も便利に感じた。あらかじめインストールした店舗のアプリないしは微信小程序を起動し、アプリのバーコードスキャナーから商品のバーコードを読み取り、セルフで電子決済で購入を完了させるというものだ。

中国全土に展開の蘇寧小店


蘇寧小店の店内


 ラオックスを買収したことで知られる家電量販店「蘇寧電器(SUNING)」が展開するコンビニ「蘇寧小店」などがその代表だ。ECが盛んな影響で、中国最大手の蘇寧電器でもリアル店舗での購入者が少なくなっている中、全国の店舗内に蘇寧小店を設置したことで、一気に店舗数を増やしている。現金での支払いも可能で、最新テクノロジーに追随できない市民に対しても優しい。

ウォルマートの一部店舗ではスマホセルフ決済レーンが設けられている


 客入りを見ると、ガラス張りの密閉された無人コンビニより、自販機を詰め込んだコンビニのほうが客は多く、それよりさらにセルフスマホ購入対応の有人コンビニのほうがにぎわっている。ガラス張りの無人コンビニは確かに斬新だが、駐車場や広場に置かれていることもあり、「新しくできたのに気づかなかった」という声も。今のところはスマホでセルフ購入もできる店舗が、ニューリテールの最適解のひとつのようだ。

 
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1807/27/news031.html