コスモス薬品 WeChatPay、Alipayの加盟店契約を締結

インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下 インコム・ジャパン)は、株式会社コスモス薬品(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:横山 英昭、以下 コスモス薬品)との間で、WeChatPay(微信支付/ウィーチャットペイ)とAlipay(支付宝/アリペイ)の加盟店契約を締結し、2019年3月20日よりコスモス薬品の免税対応店舗からPOSレジで取扱いを開始することをお知らせいたします。

コスモス薬品は、これまで専用端末でWeChatPay(微信支付/ウィーチャットペイ)とAlipay(支付宝/アリペイ)を導入しておりましたが、更なる海外からの観光客へのサービスと利便性向上及びレジオペレーションの効率化を実現するため、インコム・ジャパンの提供する決済システムを採用して、POSレジでの各決済を可能にいたします。

インコム・ジャパンの提供するQR/バーコード決済サービスの特徴は以下のとおりです。

1.POS連携で決済サービスを導入いたします。各決済サービス事業者のシステム仕様の相違点を吸収し、加盟店には同一の仕様で提供できる為、POSレジの初期開発が軽減できます。また、継続的に機能拡張を行っており、サービス拡張時の追加開発も最小化できます。

2.POS連携で決済サービスを導入するため、全ての決済手段が全店全POSで同一オペレーションになります。自動振り分け機能でPOS側でのペイメント毎の決済サービス選択も不要な為、店舗スタッフのオペレーション負荷の軽減につながります。

3.キャンペーン対応など、システム接続以外のサポートを行います。決済サービス事業者との窓口になり、各種調整を行うだけでなく、POPなどの販促物作成や物流支援などにも対応いたします。

4.導入に際して発生する「契約」「精算」「電文管理」「問い合わせ対応」の業務に関しても窓口となり、一括対応いたします。幅広い加盟店サポートで、運用・管理面の効率化が可能です。

引用:EXITEニュース(抜粋) https://www.excite.co.jp/news/article/Atpress_179817/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする