訪日中国人向け「桜キャンペーン」、6万店参加(アリペイジャパン)


アリペイ 導入
店舗でアリペイを使えるように導入(無料)

日本人がアリペイを使うには
個人のお客様

アリペイ代理店
アリペイ導入事業に参加

アリペイジャパンは、桜の見頃を迎える2019年3月20日から4月20日までの期間中、訪日中国人向けにお得なクーポンが貰える桜キャンペーンを開催すると発表した。

免税特典クーポン、 8%オフクーポンのイメージ(アリペイジャパン)

参加店舗数は過去最大の約6万店舗。、髙島屋(新宿店、日本橋店、大阪店、京都店)、大丸(札幌店、東京店、神戸店、梅田店、心斎橋店、京都店)、松坂屋(上野店、静岡店、名古屋店)、三越(銀座店、日本橋本店、名古屋栄店、福岡店、岩田屋本店)、阪急百貨店(うめだ本店)、阪神百貨店(梅田店)、阪急メンズ(東京、大阪)、近鉄百貨店(あべのハルカス近鉄本店)、デパートリウボウなどが参加する。

キャンペーン期間中に、訪日中国人がキャンペーン対象店舗にて、Alipay(アリペイ)を使用して商品を購入し免税カウンターにて手続きをすると、免税額がAlipayにキャッシュバックされると同時に、最大 520 元(約8,500円)相当の免税特典クーポンが配布される。同クーポン取得後、クーポンの割引金額以上の決済をAlipay上で行えば、決済金額から自動的に減額される仕組みになっている。同クーポンは期間中2回まで発行可能だ。

また、キャンペーン期間中の3月20日から4月10日には、訪日中国人が8%オフで商品を購入できるクーポンもAlipay上で配布する。同クーポンは観光エリアごとに配布し、一エリアで一回ずつ使用できる。

なお、キャンペーンを開始した3月20日から3月26日までの時点で、Alipayを通じた取引件数は昨年同期比2.7倍以上となっているそうだ。

引用:Payment Navi https://www.paymentnavi.com/paymentnews/82091.html