ニュース トレンド IT スマートフォン JR西日本、訪日外国人向けに券売機でQRコード決済導入 JR西日本、訪日外国人向けに券売機でQRコード決済導入

西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)は7月17日、訪日顧客が同社エリアをよりスムーズに移動できるよう、スマートフォンのQRコード決済アプリを用いて、駅の券売機できっぷを購入できるサービスを2020年春から開始すると発表した。

同サービスでは、ALIPAY(アリペイ)とWeChat Pay(ウィーチャットペイ)を導入。関空特急「はるか」の主要停車駅を含む、関西空港駅、天王寺駅、西九条駅、ユニバーサルシティ駅、大阪駅、新大阪駅、京都駅の計7駅に専用の券売機を設置する。
購入可能なきっぷは、券売機で発売している片道きっぷ、自由席特急券、入場券となる。回数券やICOCAなど一部乗車券類の購入およびICカード乗車券へのチャージはサービス対象外だ。
あわせて読みたい

引用:エキサイトニュース https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_1935942/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする