決済管理ツール「PayPay for Business」、アプリをリリース 売上管理がスマホで可能に

 PayPay株式会社は、7月26日に加盟店向け決済管理ツール「PayPay for Business」のアプリ版リリースを発表。

 PayPay for Businessは、PayPayで決済された情報や売上を加盟店が管理するためのツール。これまでは、パソコンやスマートフォンのブラウザで利用できるウェブ版の提供のみであったが、アプリ版のリリースにより、返金対応や売上の確認などがスマートフォンのアプリ内で可能となる。

 今回のリリースにあたり、アプリ版のみの仕様として、PayPayユーザーがスマホなどに表示した2次元コードを加盟店が読み取る「ストアスキャン(コード支払い)」方式による決済管理機能を新たに追加。アプリ版では、ウェブ版で採用されている「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式による決済管理も、引き続き行うことができる。

「PayPay for Business」アプリ版の主な機能
ストアスキャン(コード支払い)、ユーザースキャン(スキャン支払い)による決済
 アプリ画面下の「受け取る」をタップすることで、スマートフォンのカメラ機能と連動。ユーザーの2次元コード読み取りが可能となる(Alipayユーザーの2次元コードは除く)。また、「バーコードで受け取り」部分にて、加盟店の2次元コードを表示することができるため、従来のユーザースキャン方式も引き続き利用可能。

決済情報や入金履歴の確認
 特定の期間を設定し、期間内に決済された情報の確認が可能。また、入金情報の確認も行うことができる。

登録口座情報などの確認
 登録口座情報などの確認を行うことが可能。登録情報の修正や更新は、アプリ画面内の「WEB」ボタンをタップすることでウェブ版に遷移し行える。

引用:ECzine https://eczine.jp/news/detail/6895

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする