アリペイが振り込め詐欺「注意喚起サービス」発表 まず50歳以上対象

【7月30日 Xinhua News】中国最大のモバイル決済サービス、支付宝(アリペイ、Alipay)はこのほど、詐欺防止早期警報サービスを導入した。支付宝がバックグラウンドで詐欺リスクがある取引を識別した場合、取引を制止するだけでなく、自主的にユーザーに電話をかけて詐欺の危険について注意喚起する。このサービスはまず、50歳以上の支付宝ユーザーを対象にスタートした。

 消費者をよりしっかりと保護するため、今回支付宝は50歳以上を対象に事前に詐欺への警戒を呼び掛ける「注意喚起ホットライン」を実施する。データの解析を通じて、プラットフォームは危険のある取引行為を識別し、またカスタマーセンターにスマートメールを送り、カスタマーセンターが一定金額以上に関わる詐欺が疑われる取引行為を直ちに特定できるよう支援する。そして、カスタマーセンターのスタッフが主動的に電話で注意喚起を行うことで、消費者が他の経路でだまされる危険を防ぐことができる。

 支付宝ユーザーサービス・権益保障事業部の徐蔚(Xu Wei)総経理によると、詐欺の疑いがある取引に対するユーザーへの電話による事前連絡は、業界内では初の試み。また、危険を認識してから電話を掛けるまでの時間も「分単位」で対応することができており、試験運用期間中に多くの詐欺の疑いがある取引を阻止することに成功したという。加えて、現在はまず50歳以上のユーザーにのみ提供されているサービスを、今後はさらに他の年齢層にも開放していくという。

 業界のセキュリティー関係専門家は、通信による振り込め詐欺案件に対し、中国各地の公安部門はモバイル決済プラットフォームなどの企業と力を合わせて対策を進めていると指摘、今後はより多くの人工知能(AI)やデータ分析技術が詐欺防止分野に導入されることになるとみている。(c)Xinhua News/AFPBB News

引用:AFPBB News https://www.afpbb.com/articles/-/3237390

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする