栃木銀、Jコインペイ加盟店で中国QR決済2種も可能に

栃木銀行は16日、みずほ銀行が提供するQRコード決済「Jコインペイ」加盟店で「アリペイ」と「銀聯QRコード決済」での決済も可能にするサービスを始めたと発表した。中国のQR決済2種類を利用しやすくして取引先のインバウンド(訪日客)消費の取り込みを後押しする。栃木銀によると、同様のサービスを実施するのは地銀では同行が初めてだという。

みずほ銀行などが7月に発表したJコインペイのオプション機能を取り入れる。Jコインペイに加盟していれば、同じシステムを利用してアリペイや銀聯QRコード決済にも対応できる。

訪日客が増加する中、宇都宮市や栃木県益子町では飲食や宿泊の事業者からアリペイなどに対応したいという声があったという。栃木銀はJコインペイ加盟店に加え、新たにQR決済の導入を検討する事業者も取り込みたい考えだ。

引用:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48643400W9A810C1L60000/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする