関西エアポート、関空の自販機でQRコードで決済

関西エアポートは4日、関西国際空港内の一部の自動販売機に中国系のQRコード決済サービスを導入したと発表した。中国での利用者が多い「支付宝(アリペイ)」「微信支付(ウィーチャットペイ)」に対応し、訪日客の利便性を向上させる。第1ターミナルの国際線制限エリアや国際線到着ロビー、第2ターミナルの国際線制限エリアなどに置く合計21台で使える。日本人向けのQRコード決済サービスも「自販機への導入を検討している」(同社)という。

引用:日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49397730U9A900C1LKA000/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする