JR西とアリババが提携…西日本の認知拡大とアリペイ普及ねらい

JR西日本(株)と中国EC大手のアリババグループは24日、中国人観光客の誘客拡大とインバウンド消費拡大をめざして提携したと発表した。JR西は、中国人からの西日本エリアの認知度向上を、アリババは越境EC・決済・旅行など、さまざまサービスで構成される「エコシステム」の活用と強化を図る。アリババと日本の鉄道会社との提携は、JR九州に次いで2例目。

アリババは西日本エリアの「アリペイ」導入普及めざす

グループの利用者が7億人に達するアリババは、顧客層への誘致強化とともに、同社のモバイル決済サービス「アリペイ」の導入施設を増やすなどして、消費の拡大をめざす。

山陰や北陸、瀬戸内エリアの観光協会も後援

両社の提携については、北陸国際観光テーマ地区推進協議会、関西観光本部、せとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構も後援。連携事業は関西のほか、北陸エリアでも行われ、今後は山陰エリアなどでも展開する方針だ。

提携を記念した団体ツアーを企画しているほか、オリジナルデザインのICOCAも3万部制作。24日~10月24日にはJR西日本グループ各社の対象施設でアリペイ決済をすると、10%(上限30元、1人1回限り)をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。

 JR西の来島達夫社長は「アリババが持つ技術を活用しながら、多くの観光資源がある西日本の魅力を1人でも多くの中国人に発信していきたい」。アリババ日本法人の香山誠社長は「訪日中国人の認知度と利便性の向上につながる旅行商品を提供し、地域経済の活性化に貢献したい」とコメントしている。

引用:通販通信 https://www.tsuhan

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする